›  › イベント・講演 › 対談

2009年08月06日

対談

木内さんと
木を植える男 ポール・コールマンさんの対談です。

ごらんください。

木内鶴彦・ポールコールマン対談


同じカテゴリー(イベント・講演)の記事画像
数霊講演ありがとう
いよいよ・・・^^
鵜戸集会所☆
はじまりは・・・シンクロ
数霊の叡智
数霊講演ふたたび!
同じカテゴリー(イベント・講演)の記事
 アセンションの秘密 (2010-10-23 11:37)
 数霊講演ありがとう (2010-06-02 12:11)
 いよいよ・・・^^ (2010-05-24 21:03)
 鵜戸集会所☆ (2010-04-18 22:31)
 はじまりは・・・シンクロ (2010-04-06 23:46)
 数霊の叡智 (2010-04-05 19:02)

この記事へのコメント
去年の沖縄の対談では、その後の僕の時間に影響の大きな表現が多かったです。

「これからいろんな活動をしていく時には“敵を作るんじゃなくて味方にしていく”という事なんですね。例えば、いろんなゴミの問題では、企業ばかりに文句を言うんではなくて、これはみんなの責任なんだと。だから一緒に作っていく体制を考えていく。・・・これまで争いで自分たちを誇示してきたんですが、これからの時代は違う。地球人としてのモラルを作っていけるか、という事だと思うんですね。」

この話なんかを行動に移すとなると、まずこれまでの自分自身との戦いを避け、無理なく自分のアクションを検討し実行できる自分にならなければと思いました。

しかし、考えはやはり机上の空論でしかなく、結果的にはものすごい葛藤の中で行動して行く所で、10人居れば10通りの「意識の変化」を体験するのではないかと思います。

他にも

「本当の自由とは“相手の世界を阻害しない自由”が本来の自由だと思うんですね。相手の事を尊重できるという事をとても学ぶ事ができるんです。」

これなんかも、僕なんかは、そもそも「相手の世界」を推し量る基準が自分目線だったりして、どっからどこが相手の世界か実は良く分かっていなかったりして、結局、やってみなきゃ阻害してるのかしてないのかの判断がつかないって感じです。だから、信じて動く、ダメなら四の五の言わず考えず、本気で謝る。そして、懲りず、怖がらず、考え直してまた動く・・・これの繰り返しがリハビリみたいなもんになってると信じて、未だその途上です。

はっきり言って僕は要領が悪いのか、くじけたり、へこんだりすることの方が多いですが、それでも時々は何かを掴んだ感覚もあり、それは実際それまでの色々をひとつなぎにして、またやってみるかという気持ちになれたりもする。

クソ地味だけど、悪くはないです。
Posted by りょうすけ at 2009年08月07日 01:46
●りょうすけさん

この対談は木内さんステキなことたくさん
語ってるよね。
「敵を作らず味方にしていく」・・・ここですよ
まさに、、、。ひろってくれてありがとう^^
みんな敵つくることは 至って上手でしょ
粗探しとかね。

頭はいらんね!!
動く! ただそれでいいんじゃないの~
結果、うまくいかなくても
その時気づく、省みる、また動く。
やがて それが知恵となる。

クソ地味?
それが 木内さんの言う
「わたしにできること」
「あなたにしかできないこと」
なんじゃないの~^^//
いや~、悪くないね。ホント
いい味だしてるよね、りょうちゃん(笑
あなたしかいないもん、この味だせる人
  ↓
ほめてるのだ^^     BY おり
Posted by 虹の戦士虹の戦士 at 2009年08月07日 23:43
ほめてくれて、どうもありがとさん。
カツオや昆布やとんこつや鶏ガラに俺は負けない!
Posted by りょうすけ at 2009年08月12日 04:15
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
対談
    コメント(3)